NPO法人向けのホームページ制作依頼

こんにちは。
夏が終わって、秋になったなーと思えばもう年末に差し掛かろうとしてます。
ノロウィルスが今年も流行しているようなので、お体にはお気を付けください。

Mohala&co.のコンセプトは「誰かの為に」商品やサービスに対して相手への気持ちが乗っていない仕事はしないようにしてます。
今まで制作したページすべてのお客様は誰かの為にサービスを行っている方ばかりです。

NPO法人向けのホームページ制作をスタートしました。

NPO法人向けとなってますが、非営利活動であれば、全然OKです。
誰かの笑顔の為に頑張っている方を応援します。

制作費も見積もりを立てれば20万ほどの制作費を分かりやすい価格で提供します。
支援特別サービスの主なサービスは3つです。

1.分かりやすい制作費が一律価格

ホームページ制作は、見積もり → 制作が主なながれですが、活動費に限りがあるNPO法人のホームページ制作に見積もりを立てて制作するといった費用をかけることが出来ないのが1つの問題です。googleの広告助成金を申請するのも一定の規約に基づいたサイトを制作しなければいけません。 無料ブログサイトでは申請はできないのです。

そこで、制作費を特別な一律料金での提供をスタートしました。

2.Google Ad Grantsの申請サポート

Google Ad Grantsはgoogleが行っております、非営利団体への「Google 広告」の広告費が、毎月 10,000 ドル USD 米ドル分(約100万円)助成されます。
ただ、googleのポリシーに基づいたサイトでなければいけないので、無料ブログでの申請はできません。
月に100万円のウェブ広告を出せるので、ボランティアの募集に悩むこともなくなります。

3.SEO対策のサポート

SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。検索結果でWebサイトがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。

活動のキーワードでの順位が高ければ、活動の幅や資金面でもスムーズに活動を行うことが出来ます。
SEOの対策は完全成功報酬制ですので、初期費用を抑えることが出来ます。

関連記事

  1. ホームページ制作費の透明化

  2. 1年後、2年後必ず必要になるホームページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP